時間を忘れて

今日は焚火会

9月に入り長野県は、朝夕の涼しさが増し肌寒さを感じる季節になりました。

涼しくなると火が恋しくなり、今日は我が家で焚火会を開催!

焚火会と言ってもワイワイガヤガヤするのではなく

焚火を見ながら何する訳でもなくのんびりと過ごすだけなのです。

時間を忘れて

マキを燃やす火は何とも言えないゆったりとした時間の流れを感じますね!

ただボーっと見つめているだけでも時間が経つのを忘れさせてくれます。

時間に追われる時代だからこそ、こんな時間の過ごし方が必要だと感じます。

不便を楽しむ

指先一本でほしい物が注文でき、その注文した物が翌日には玄関まで配達され

欲しい情報は何時でも自由にスマホで手に入る

とても便利な世の中になりましたね

でも、焚火はマキが無いと始まりません。

マキを用意するには山で木を伐り、運び出し、割って、乾燥させなければなりません

とても不便な物です。

しかし、こんな便利な時代だからこそこの不便さを逆に楽しむことが心を豊かにするのかも知れませんね。

最近思うんです

便利で物が豊かな世の中ですが心も豊かかと問われると「?」となります。

便利さを追求すると心は貧しくなるのではないかと・・・・

 

皆さんも年に数回、この様な時間を過ごしてみてはいかがですか?