畜糞堆肥にご注意!

農林水産省より注意喚起

去る2018年9月、農林水産省より堆肥生産業者に向けた
クロピラリド(除草剤成分)に関する注意喚起情報が送られてきました。

畜糞堆肥は肥料成分が多いことから有機栽培を行っている方は
畑に使用されることが多いと思いますが、良心的な業者さんであれば
情報を開示していると思いますので、使用される前に確認されることをお勧めします。

概要

○クロピラリドは、米国、オーストラリア、カナダなどの海外で牧草や穀類の生産に使われている除草剤の成分です。クロピラリドが含まれた飼料を家畜に与えると、クロピラリドは家畜のふん尿中に排せつされます。その家畜のふん尿を原料として作った堆肥を土づくりなどのために使うと、トマト、スイートピーなどクロピラリドに感受性が高い野菜や花の生育に影響(生育障害)が生じる可能性がありますので注意が必要です。

以上農林水産省情報より抜粋

詳しくは農林水産省のリンクを貼り付けておきますのでご確認ください。
maff.go.jp/j/seisan/kankyo/clopyralid/clopyralid.html

シーズン間近

今年もあと2ヶ月も経てば寒冷地でも栽培シーズンに入りますね!
その前に土作りを行いましょう。
土作りは、耕すにしても、堆肥を入れるにしても、植え付けの直前ではなく
一月前位から行うのが良いんですよ!
堆肥は発酵しきれていない残り物が分解されますし、耕すことで
土が撹拌され中に空気が含まれるので土の中が活性化します。

そうそう、畜糞堆肥を使うときは上の情報を忘れずにご確認くださいね!

そして今年も美味しい野菜、きれいなお花をたくさん作ってください。

株式会社竹ノ粉は皆様が安心して菜園やガーデニングが楽しめるよう
入って来た情報は随時ブログにアップして行きます。