秋の冷たい雨にはナメクジに注意!

肌寒い日の雨に奴らは活動開始

ここ長野県安曇野は今年の陽気がちょっとおかしい
昨日は最高気温29度、今日は15度、一体どうなってるのやら。

すでに10月半ば、雨が降ると半袖ではいられません。
こんな雨の日に活動を開始するのが・・・・
そう、ぬめぬめと這い回るナメクジです。

今回は、参考になるか分かりませんがナメクジに付いて書きたいと思います。

秋野菜の天敵

皆さんは秋野菜を作られている時、大根の皮にうねうねと溝の様な
傷を目にした事はありませんか?
あれ、実はナメクジなんですよ!
ナメクジは大根の表面を這いながら皮をコソゲ取る様に食べるんです。

また、白菜も良く食べられてしまいます。
収穫して剥いてみたらナメクジが出て来てビックリ!
なんて経験はありませんか?

中からナメクジが出てきたら嫌ですよね~
ナメクジは雨の降らない乾燥している時、卵は土の中で休眠状態となり
雨が降るのをジッと待つそうです。
成体はジメジメした物陰に潜んでいるのです。

ナメクジの天敵

ナメクジの天敵はあまり知られていないようですが
何と!
同類と思われがちなカタツムリなんです。

カタツムリはナメクジの卵を食べてしまうと言われていて
ヨーロッパでは結構知られた存在みたいです。

お酒好き?

その他の駆除方法としてナメクジの駆除剤もありますが
薬品を使いたくないと言う方は次の方法を試してみてはいかがでしょう。
「塩をかける」は有名ですがナメクジはビールの匂いが大好きで
器に飲み残しのビールを入れ、置いておくと匂いにつられて集まって来て
やがてビールに溺れて死んでしまうそうです。

畑は小まめに手入れしましょう

抜き取った草や刈った草、収穫の終わった野菜の蔓や樹等は
積んだまま放置するとナメクジだけではなく他の害虫の住処となってしまいますので
乾燥したら焼いてしまうか穴を掘って埋めてしまいましょう。
これだけでも害虫を大分減らす事ができます。