野沢菜漬け!

毎年恒例の野沢菜漬け

天気の良い中、野沢菜を漬けました。

もちろん自家栽培の無農薬!

毎年時間に追われ「今年は野沢菜漬ける?」…と
議論になりますが、お茶の友に無いと寂しいので
なんだかんだ言っても最終的には漬けます。

前は子供達が浸かったベビーバス!今年は野沢菜が浸かってます!

先ずは井戸端でお菜洗いから

漬ける野沢菜は当然自家栽培の無農薬!
今年は少量なので、洗う桶も小さくなりました。

自家栽培は安心です

自分で育てると何を使ったか分かるので
安心して口にできますよね!

皆さんもいろいろな野菜を育ててみませんか?

今は、至る所に野菜直売所ができていますが
そこで収めに来た農家さん同士の話し声が聞こえてしまったのです。
「自分の家で食べる野菜は農薬を使わないよ!」
農家さんも分かっているのです。
見た目を良くし商品価値を上げるための農薬がどれだけ危ないかが…

日本は、ヨーロッパに比べ農薬の使用基準が非常に低いと言われており
ヨーロッパでは使用禁止の農薬も日本では使用できるそうです。

話は少しズレますが
先日、あるワイナリーに行った時「本格桜のチップで燻製」と書かれた
ササミの燻製が有ったので、弊社でも燻製を販売しているため興味があり
試しに一つ購入してみたところ
裏を見て小さな「燻液」の文字、燻液とは木酢液のような物で
その液で香り付けしただけの物だったのです。

確かに液燻と言う製法は有るのですが
本当の煙で燻す燻製とは違うと思っています。

しかも、食べて更に驚きが
なんと!ササミ自体が加熱処理されてパサパサ
味は焼鳥の缶詰と同じでした。

私の感想は「これで本物の燻製って言えるの?」です。

話をもとに戻しますが
野菜に使われる農薬も同様
何がどう使われているかなんて情報は表示されていませんよね!
製法だって本当かどうか分かりませんよね!

本当は消費者の皆さんが食の安全に対する知識を
身に付ける事が望ましいと思いますが、それは不可能なので
せめて、自分で野菜を作られている方は自分で納得できる野菜作りを
菜園が無く野菜を自分で作ることの出来ない方は
ネットで調べれば数多く有機無農薬農家さんがありますから
自分で信頼できる農家さんを見つけ購入しては如何でしょう?

実は、有機無農薬に取り組む農家さんてお客さんの顔が見えるのが嬉しいんです。
直接購入は農家さんも喜びますよ!