有機肥料「畑すくすく」で育てたお米刈り取りました

さあ!稲刈りの始まりです

天気に恵まれ順調な滑り出しを見せた稲刈りですが・・・・・

余りにも天気が良く気温がグングン上昇して体力を奪っていきます。

しかし、ここで諦めたら来週は天気が良いと言う保証はないので

頑張って終わらせます!

ハゼ掛け

刈り取った稲はハゼ掛け(詳しくはホームページにあります)と言って

自然乾燥用の棚を作り、そこに逆さに吊り下げて約10日間自然乾燥をします。

逆さに吊るすことによって稲の茎に残っている養分を

穂に付いているモミ一粒一粒に行き渡らせるためと、ゆっくりと時間を掛け

乾燥させるためお米に優しく、本来の美味しさを引き出します。

今年の出来は?

昨年は、化学肥料を使ったため分けつ(一本の苗から数本の茎が出る事)が進み

株が太かったのですが、今年は化学肥料を使わず「畑すくすく」のみで育てたため

余り分けつせず株が細く、例年よりハゼ掛けの量は少な目でした。

しかし、穂に付いた籾の数は例年と変わらず実もしっかりと膨らみ良い出来でした。

新米が楽しみ!

今より10日後

いよいよ脱穀です。

 

脱穀が終われば直ぐに精米して炊き立ての新米が食べられるかと思うとワクワクしてきます。

お釜の蓋を開けた時に広がる香ばしい香り!

噛み締める毎に口の中に広がるほのかな甘み!

あ~早く食べたいです。

もちろん新米の販売も行いますのでお楽しみに!

次回は新米の食レポをアップします。