昨年 有機肥料「畑すくすく」を入れたことで味を占め

今年も入れました!

昨年、キウィーフルーツに当社の有機肥料「畑すくすく」を入れたら

すごく美味しく出来たことに味を占めて今年も入れました!

DSC_0091DSC_0090

一般的にキウィーフルーツは樹では熟すことが無く

エチレンガスで一週間ほど追熟させないと甘味が出ないので

食べる事ができません。

しかし!

畑すくすくを入れて育てたら収穫の時には熟していて

甘味は少ない物の直ぐに食べる事ができました。

今年の出来は?

受粉が終わって実が膨らみ始めたので見てみると・・・・・

え?

DSC_0227 DSC_0231

何だこの数は

キウィーフルーツは樹が年を重ねる毎に実を付ける数が多くなると聞いていましたが

昨年までは数の多さに驚く事はありませんでした。

DSC_0872 撮影時期は一月ほどズレていますが昨年の摘果前の様子です。

しかし、今年はいきなり昨年の3倍ほどの数の実が付きビックリです。

2/3摘果してもまだこの数

地面が埋め尽くされるのではないか(ちょっと大げさ)と思える程摘果しましたが

まだまだこの数

DSC_0302

本当は「摘果」ではなく「摘花」によって実の数を調整する果物ですが

ちょっとサボってしまったため実になってしまいました。(来年は気を付けよう・・・・・)

これから更に実は膨らみ9月中旬が収穫予定です。

知る人ぞ知る

余談ですが、乳酸菌発酵の竹粉を果樹に使うと

糖度が増すそうですよ!

実際に竹粉を使って育てている方々が経験されているそうです。

「現代農業」にも載っていました。

このブログを読まれた皆さんの所にも果樹が有るようでしたら

試してみてはいかがですか?