ネギ収穫です!

立派なネギです

あまりの出来の良さに

ネギは、毎年作っていますが今年ほど太く大きく育った年は初めてです。

どうですかこの太さ。

種は、鉄腕ダッシュでお馴染みの松本一本ネギです。

昨年の秋より苗を育て、春に植え替えを行いました。

植え替え時に元肥と畑すくすくを施し、追肥は収穫までに

二度行っただけ、少々サビが出ていますが完全無農薬です。

あまりにも太く大きいので、さぞ固いだろうと思いながら口にしたのですが

その思いはあっさり裏切られ、とても柔らかいのに驚かされました。

甘さの素

皆さん、下の写真何だか分かりますか?

この透明な粘液はフルクタンと言います。

フルクタンとは複合多糖類の食物繊維の一つで、ネギの甘味の素です。

凍結しないため、気温が氷点下になってもネギは凍ることは有りません。

また、インフルエンザウィルスの侵入や増加を抑え

免疫力を高める働きが有る事から、今注目を集めています。

写真は青い部分の空洞に溜まっていた物ではなく

収穫時に折れてしまった所から滲み出て来たものです。

滴り落ちるほど出て来た事は過去に経験が有りません。

どうですかこの根の張り具合!

今迄は、頭を持って引き抜けば収穫できたのですが今年はそうもいきません。

今迄の様に引き抜こうとすれば、みんな途中で千切れてしまうのです。

仕方ないので畝にスコップを入れ、土をほぐしながらの収穫となり

結構な重労働となってしまいました。

これも、畑すくすくの効果だと実感した次第です。

写真は出来るだけ根を残そうと、周りの土ごと掘り出したのですが

大半の根は切れてしまいました。

鍋に最高!

細いネギは鍋に入れて加熱するといつの間にやらどこえやら

気が付くと溶けてどこかに行ってしまいますがこれだけ太いと存在感十分。

良く火が通ったネギを口に入れ噛み締めると溢れんばかりの

甘味が口いっぱいに広がり、とても美味しいです。

これからの季節の鍋料理は最高ですね!

フルクタンは加熱調理しても成分が損なわれることは無いと言われています。

皆さんも美味しいネギをいっぱい食べて

風邪などひかぬようこの冬を乗り切ってください。