大量受注!?

大量受注案件

毎年この時期になると定期発注して頂ける農家さんが有るのですが、今回も、竹粉1トンと竹チップをフレコン2袋発注頂き間に合わせるのにアタフタしているところに加え、今年は竹チップを大量(決まれば竹林一つ二つが消滅?する位の量)に発注頂けそうな案件が出ており、これが決まれば当社始まって以来の一大プロジェクト(大げさです…)発足です。

と云う訳でセッセと竹粉作りを行っています。

竹の良さが浸透し始める

今回の大量受注案件は、いちご農家さんのビニールハウス及びその周辺に雑草防止目的に敷き詰めるための案件です。竹はチップにして3cm~5cmの厚みで敷き詰めると草が生えず、敷き詰めたチップにも根付くことが少なく、根付いてもフカフカの所なので摘めば簡単に抜けてしまいます。(当社経営のカフェのカウンター前に敷いているが草は生えて来ません)
また、腐りやすい木材チップとは違い竹チップは非常に腐りにくいため、木材チップが腐り始めた特有の匂いもなく虫も発生しないので、防草マルチとして使用するには最適です。
防草シートとは違い自然分解し、分解されればそこの土はとても良い土に変わります。

最近では、当社商品の生ごみバイバイで実証済みですが、竹は粉砕し発酵すると微生物の働きも加わり匂いを抑える性質が有るので、畜産の糞尿処理に注目されいて将来的にはまだまだ利用価値が高まりそうです。