ようやく春めいて来ました

今年の寒さは長かった

年明けから2月の終わりまで寒い日が続きましたね!
ここ安曇野でも最低気温マイナス二桁の日が随分ありました。

諏訪湖も5年ぶりに全面結氷して御神渡りが見られたほど。

平年だと寒い寒いと言っても、マイナス二桁の日は
数えるほどしかありません。

ようやく春の兆し

2月も終わりになった途端春を感じさせる気候となり
最高気温も二桁を記録するなど、外で仕事をしていても
汗ばむほど、今度は寒暖差に身体が追いつかない状況です。

ちょっと極端すぎる気がします。

そんな中、自然は確実に春を感じ取り芽吹く準備を
しているようですよ!

写真は竹ノ粉農園のエンドウと土手に生えているフキノトウです。

エンドウは昨年12月に種を蒔き、芽を出しましたが
この冬の寒さで成長が遅かったです。

フキノトウは例年だと1月の終わりには出始め
2月の終わりには開いてしまうのですが
やはりこの冬の寒さで小さい蕾のままです。

でも、一足お先に春の味を堪能できました。

安曇野はこれから春本番!

春の味覚が沢山楽しめる時期がやっと来ました。