自分で工夫した道具作り

仕事に合わせた道具は自分で工夫

本業の竹の粉とはあまり関係ないのですが・・・・・

お手伝いに行っている所の仕事で、コーキングや
接着剤を使った接着を行う作業があります。
その作業の中で重要なのが、コーキング剤や接着剤が
他に付着しないようマスキングテープを貼る作業です。

専用ホルダーやカッターナイフだと入り組んだ所には入らないし
テープを浮かせて切ると貼り合わせがズレてしまう
浮かせずに合わせた所で切るにはどうしよう・・・・

そうだ!
自分で専用ナイフを作ってしまえ。

マスキングテープナイフ

と言う訳で作ってみました。

折れて使えなくなった金切鋸刃を使って作りました。

刃先は角度を付けているため、マスキングテープを
貼り付け目標の所に刃を当てテープを引っ張れば
ズレもせず簡単に切れます。

至ってシンプルな作りなので、テープを貼れる場所であれば
どこでも入れられますし持ったまま作業が出来るので
持ったり置いたりする手間が省けて作業性が良くなりました。

さて、仕事仕事!
えっと、作ったナイフは何処だ?
ゴソゴソ
痛!
手、手が切れた!
う~む、これは危ないな~

専用ホルダー

と言う訳で、専用ホルダーも作ってみました。

材料は本業の材料となる豊富な竹と養生テープ

養生テープの硬さと竹の僅かな円が程よく刃を押さえ付けてくれるので
抜け落ちること無く絶妙にフィット

これで工具箱を探っても怪我をすること無く取り出せます。

皆さんも普段使ってる道具で使いにくさを感じたら
一工夫してみてはいかがですか?